製品情報

ETP-E Plus モデルの特徴

軸とハブの結合をボルト一本で簡単・迅速に行えます。しかも同心度は0.02mmとすぐれているので、高精度が必要で着脱頻度の高いところに最適です。ラジアル方向から締め付ける構造なので作業スペースを取りません。

正確で簡単な位置決め

軸方向・回転方向での位置決めが任意に行え、正確な同期調整が必要とされる装置への取り付けが容易です。

省スペースを実現

軸に対してラジアル方向から締結できるように設計できますので省スペース設計が可能です。低慣性でコンパクト・軽量な設計に寄与します。

高い同心度

面圧は軸側・ハブ側とも均一なので、ハブの外径を小さくしても、高い同心度が保持されます。そのため、高速回転で使用する場合でも、遠心力によるアンバランスを小さくすることができます。

確実でスピーディな取り付け

一本のボルトを規定のトルクで締め付けるだけで、確実な取り付けが行えます。(*軸・ハブに対する適切な面圧で確実に固定するために、軸とハブが完全に接触するように取り付けてください。)

関連製品

PAGE TOPETP-E Plus モデル TOP

三木プーリのETPブッシュ(ハイドロ方式) ETP-E Plus モデルの製品詳細ページです。
ETP-E Plus モデルの特長や構造、材質、型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
カタログ・2DCAD・3DCAD・取扱説明書などのダウンロードが可能です。