製品情報

BEM-Tモデルの仕様

BEM-T TYPE

【仕様】

型式BEM-2TBEM-4T
入力電圧AC100V±10%
50/60Hz
AC200V   
AC400V
最大入力電圧AC280VAC480V
整流方式半波整流
出力電圧DC45VDC90VDC45VDC90VDC180V
出力電流周囲温度20℃の時(  )内は60℃の時DC1.0A(DC0.6A)DC0.7A(DC0.5A)
45W(25W)90W(50W)30W(20W)60W(40W)125W(90W)
サイズ設定電圧仕様(  )内は入力電圧DC45V(AC100V)DC90V(AC200V)DC45V(AC100V)DC90V(AC200V)DC180V(AC400V)
●:適用△:クラッチ・ブレーキのモデルにより適用01
02
03
04
05
06
08
10
12 
14 
16 
18 
20 
25 
適用クラッチ・ブレーキ弊社電磁クラッチ・ブレーキ定格電圧 DC45/90/180V無励磁ブレーキ
絶縁抵抗ターミナル-本体間DC500V メガにて 100MΩ
AC1500V 50Hz 1分間AC2000V 50Hz 1分間
使用環境結露なきこと-20~+60℃
質量製品1個当り0.008kg0.011kg

【寸法】

【構造】

【端子と機能】

端子機能名称機能説明
リード線(2本)入力側商用電源を接続します
タブ端子(2箇所)出力側電磁クラッチ・ブレーキを接続します

【特性】

出力方式

BEM-2T・4Tタイプは、商用電源を入力し、出力側に半波整流された直流電圧を発生させます。この電源装置は、非常に簡単な回路構成で小型・安価なことが特徴ですが、電圧の脈動が大きいため、電磁クラッチ・ブレーキの動作応答性にばらつきが発生しやすくなったり、通電時にうなり音が発生したり、全波整流や平滑電源と比較して電磁コイルの発熱量が若干上がる傾向があります。
上記のような傾向を嫌う仕様の場合は、全波整流電源(BEM-2F タイプ)や平滑電源、又は、DC24V 仕様への変更をご検討ください。
【 出力電圧の計算方法 】
出力電圧 = 入力電圧 × a(係数)
※ a(係数) = 0.45:半波整流
(例)
BEM-2T:AC200V × 0.45 = DC90V
電磁コイルの定格電圧と上記で計算した出力電圧が合っていないと、仕様通りの電磁クラッチ・ブレーキ特性が得られませんのでご注意ください。

【結線方法とタイムチャート】

1次側制御

2次側制御

関連製品

PAGE TOPBEM-Tモデル TOP

三木プーリの電磁クラッチ・電磁ブレーキ電源装置 BEM-Tモデルの製品詳細ページです。
BEM-Tモデルの型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
カタログなどのダウンロードが可能です。