製品情報

NSSモデルの特徴

リンクのクランクモーションを利用した軸心違いカップリングで、一方のエンドディスクに入力された動力は、リンクとセンターディスクを介して他方のエンドディスクに伝達されます。偏心量は、このリンクの長さによって決定され、軸心違いでの動力伝達がスムーズにおこなえます。また、動力伝達をリンクのクランクモーションによっておこなっているため、回転中の軸心の平行移動も可能です。リンク数が3×2の標準NSSモデルとリンク数を増やし許容トルクを増加させた準標準NSSモデルがあります。

軸の平行移動が可能

リンクのクランクモーションを利用しているため回転停止時、負荷運転中でも駆動、従動軸が変位範囲内で自由に行えます。

省スペース

従来のユニバーサルジョイント+スプラインの組み合わせより軸方向に短くでき、大きな変位量を得ることができます。

関連製品

PAGE TOPNSSモデル TOP

三木プーリのシュミット (リンク式カップリング) NSSモデルの製品詳細ページです。
NSSモデルの特長や構造、材質、型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
カタログ・取扱説明書などのダウンロードが可能です。