製品情報

SFCモデルの特徴

クランプハブに軽量、高強度の高力アルミ合金を採用した板ばねタイプのカップリングで、ねじり剛性が高く高応答に対応できます。高剛性のシングルエレメントタイプとスペーサを介してエレメントをダブル配置し、フレキシブル性を持たせたダブルエレメントタイプを用意しています。いずれも軸径連動型のハブ外径とすることで、慣性モーメント低減を実現しています。

超低慣性

クランプハブの外径形状をご採用いただく穴径に連動させ、小さい穴径では、外径も小さくし必要最低限の慣性に抑えることで、高加速運転にも最適です。ご採用いただく穴径組み合わせによって3 パターンの形状タイプが存在します。

簡単・確実・ノーバックラッシ

軸との締結はクランプ方式を採用しているため、左右1 本ずつのボルトを締め付けるだけで取り付けは完了です。クランプハブは振動・衝撃に強く、確実な締結が可能で、動力伝達は全て摩擦結合により行われるため、バックラッシもありません。カップリングの両側のクランプハブは、専用治具で心出しを行い、同心度を確保しています。

熱を遮断

エレメントにはステンレス製の板ばねを採用しているため、サーボモータからの熱を従動軸側へ伝えにくく、熱膨張による精度のばらつきを低減できます。

テーパ軸対応

サーボモータのテーパ軸にオプションのテーパアダプターを取り付けることにより、クランプハブによる締結が可能となります。

全長指定対応(SFC DA2 タイプ)

必要な軸間距離に合わせるために全長を指定していただくことができます。

関連製品

PAGE TOPSFCモデル TOP

三木プーリのサーボフレックス (金属板ばねカップリング) SFCモデルの製品詳細ページです。
SFCモデルの特長や構造、材質、型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
各種オプション情報をご覧頂けます。また、カタログ・2DCAD・3DCAD・取扱説明書などのダウンロードが可能です。