製品情報

SFMモデルの特徴

工作機械の主軸用カップリングに要求される、高トルク・低慣性・高速回転の実現に向けたハイスペックモデルです。従来モデルと比べ、トルクバリエーションを大幅に拡大、軸への締結方法に従来からのくさび締結方式に加え、新たにクランプ方式を追加、選択の幅が大きく広がりました。また、バランス修正を標準装備、高速回転での問題を解決します。

高トルク・低慣性

理想的形状の追求により、新開発のエレメント(板ばね)で許容トルクを大幅にアップ。カップリングのダウンサイジングも可能。

高速回転24000min-1のバランス修正

カップリング単体でのバランス修正を標準装備。高速回転に対応します。

クランプ方式

片側2本のボルトで調心が可能。両側のクランプハブは高精度な専用治具によって組み立てられており、高い同心性を確保しています。

くさび締結方式

信頼性の高い高精度くさび締結方式。クランプ方式と同じく高い同心性を確保しています。また、クランプ方式と比べ大径軸への対応が可能です。

関連製品

PAGE TOPSFMモデル TOP

三木プーリのサーボフレックス (金属板ばねカップリング) SFMモデルの製品詳細ページです。
SFMモデルの特長や構造、材質、型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
カタログなどのダウンロードが可能です。