製品情報

SHM-35+SHD-16の仕様

定格推力150N

【システム構成】

番号名称説明
可動部可動部(コイル)とシャフト(磁石)から構成されています。
ドライバ可動部を運転するためのドライバです。
電源入力端子電源ケーブルを接続する端子です。(ドライバ付属品)
モータケーブルドライバと可動部モータを接続するためのケーブルです。(別売品)
エンコーダケーブルドライバと可動部エンコーダを接続するためのケーブルです。(別売品)
支援ソフトドライバの設定・変更をパソコン上で行うためのソフトウエアです。(別売品)
パソコン接続ケーブルパソコンに接続するためのケーブルです。(別売品)
I/Oコネクタセット指令信号をドライバに入・出力するためのコネクタです。(別売品)

【可動部仕様】

型式SHM-356
コイルセット数6
定格推力150 N
最大推力700 N
最高速度2500 mm/s
定格電流2.4 A rms
最大電流11.3 A rms
時間定格連続
周囲温度0~40 ℃
周囲湿度80% RH以下(結露なきこと)
絶縁抵抗DC 500 V 10 MΩ以上
絶縁耐圧AC 1500 V 1分間
耐熱クラスF種(コイル部)
構造全閉・自冷
可動部質量2.0 kg

【可動部寸法】

単位 [mm]
型式ストローク有効長
型式L=610L=780L=950L=1120L=1290L=1460L=1630
SHM-35623340357374391310831253

【ドライバ仕様】

型式SHD-16-356
可動部コイルセット数6
入力電源主電源:三相 AC 200 V 制御電源:単相 AC 200 V
入力電源範囲(共通)AC 200~230 V +10~-15 % 50/60 Hz ±5 %
連続定格出力電流2.4 A rms
最大電流(制限)11.3 A rms
最大瞬時電流(波高値)16.0 A peak
電源設備容量1.6 kVA
位置指令パルス入力信号ラインドライバ信号
入力形式2パルス、1パルス、2相パルスから選択
最大周波数4 Mパルス/s
入力信号専用入力、汎用入力 全16点
出力信号専用出力、汎用出力 全16点
モニタ出力運転状態アナログ電圧出力
制御機能スムージング機能、オートチューニング機能
制限機能速度制限、推力制限、可動範囲制限
内蔵位置決め機能位置決めポイント数:32点、速度設定数:10個
保護機能過負荷、過電流、過電圧、センサ断線、メモリ異常
支援ソフト(SHD-UTL)パラメータ設定、モニタ表示、プログラム編集・設定、オートチューニング データの保存・ドライバへの転送
周囲温度0~40 ℃
周囲湿度80 % RH以下(結露なきこと)
質量1.2 kg

【ドライバ寸法】

関連製品

PAGE TOPSHM-35+SHD-16 TOP

三木プーリのリニアシャフトドライブ SHM-35+SHD-16の製品詳細ページです。
SHM-35+SHD-16の型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
各種オプション情報をご覧頂けます。また、カタログ・取扱説明書などのダウンロードが可能です。