サービス

安全上のご注意

安全上のご注意(ご使用前に必ずお読みください)

製品のご使用に際しては、取扱説明書やその他技術資料などをよくお読みいただくとともに、安全に対して十分に注意を払い正しくお取り扱いください。この説明書では、安全注意事項のランクを「危険」「注意」として区分し、警告図記号で取り扱いの行為について具体的に表示をしております。なおランクを「注意」として記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。いずれも重要な内容を記載しておりますので必ずお守りください。

安全注意事項のランク

危険

使用者が取り扱いを誤った場合、死亡または重傷を負うことがあり、かつその切迫の度合いが高い場合を示します。

注意

使用者が取り扱いを誤った場合、傷害を負うことが想定されるか、または物的損害の発生が想定される場合を示します。

警告図記号の説明

禁止

禁止

製品の取り扱いにおいて、その行為を禁止することを示します。

注意

注意

製品の取り扱いにおいて、注意を喚起することを示します。

指示

指示

製品の取り扱いにおいて、指示に基づく行為を強制することを示します。

製品の故障、誤動作が、直接人命を脅かしたり、人体に危害をおよぼす恐れがある装置(原子力用、航空宇宙用、医療用、交通機器用、各種安全装置用など)に製品を使用する場合は、都度検討が必要となりますので、弊社営業窓口まで事前にお問い合わせください。
製品の品質管理には万全を期していますが、万一の故障などに備え、機械側の安全対策には十分ご配慮ください。

1. 構造上の注意事項

危険

危険●安全機構を設置してください。

万一、製品が破損をした場合、従動側と駆動側が完全に分離する恐れがあります。動作中の製品に手や指を触れるとけがの原因となります。
危険防止のため必ず安全ブレーキなどの安全機構を設置してください。

危険

危険●燃えやすい所では製品本体を密閉するようにしてください。

起動・制動時のスリップで火花が発生することがあります。燃えやすい布などが近くにある所では、製品本体を密閉するようにしてください。
なお密閉すると許容仕事量が低下しますので、設計上ご注意ください。

危険

危険●周囲環境をご確認ください。

ほこり・高温・結露・風雨にさらされる所には使用しないでください。また、振動・衝撃がかかる場所にも直接取り付けないでください。
製品の損傷・誤動作あるいは性能の劣化を招きます。

注意

注意●製品に悪影響をおよぼす恐れがある環境では使用しないでください。

製品に悪影響をおよぼす恐れがある環境(薬品のかかる場所、腐食性の強い場所、極度に高温や低温の場所など)では絶対に使用しないでください。製品の損傷・誤動作あるいは性能の劣化を招きます。

2. 組み込み時の注意事項

危険

危険●装置の電源は絶対に入れないでください。

製品を装置に取り付ける際、誤って駆動部が作動すると装置に巻き込まれるなどけがの原因となります。必ず、装置の主電源が切れていることを確認してから取り付けを行なってください。

危険

危険●ボルト・ねじ類の締め付け、ゆるみ止めは確実に行ってください。

ボルト・ねじ類の締め付け具合によっては、製品が破損したり、製品の性能を満足できなくなるなど非常に危険な状態となります。
必ず弊社指定のボルト・ねじ類を使用し、なおかつ弊社指定の締め付けトルクで締め付けを行ってください。さらに接着剤・スプリングワッシャーなどで確実にゆるみ止めなどの処置を行ってください。

注意

注意●弊社指定以外のボルト・ねじ類は使用しないでください。

弊社指定以外のボルト・ねじ類を使用しますと、ボルト・ねじ類、製品の破損、ボルトのゆるみなどを起こす恐れがあります。弊社指定以外のボルト・ねじ類は使用しないでください。

注意

注意●ホイストなどで吊り下げた搬送や組み込みをしてください。

重い物を持つと、腰などを痛めることがあります。重い製品を取り扱う際には、ホイストなどを使って搬送や組み込みを行ってください。

注意

注意●弊社指定の「許容誤差」以内で取り付け、使用してください。

製品を装置に取り付ける際は、必ず弊社指定の「許容誤差」以内で行ってください。「許容誤差」を超えた状態で使用すると、製品自体が破損したり、装置に悪影響をおよぼす恐れがあります。

注意

注意●製品を取り付ける際には保護具を着用してください。

製品取り付け時に、ストップリング、スプリングピン、キー溝などでけがをする恐れがあります。
必ず安全眼鏡、手袋などの保護具を着用して作業を行ってください。

3. 配線上の注意事項

危険

危険●モータフレームのアイボルトを使って運搬しないでください。

モータフレームのアイボルトは、モータ運搬専用のため十分な強度はありません。
絶対にモータフレームのアイボルトは使用しないでください。

危険

危険●モータおよび制御器のアース端子(E)は、必ず接地してください。

接地の方法は、第三種接地(100 Ω以下、φ1.6 mm以上)を推奨します。

危険

危険●使用する電線サイズは電源容量にあったものを使用してください。

電源容量の少ない電線を使用すると、絶縁被覆が溶け絶縁不良となり、感電・漏電の恐れがあるほか、火災の原因となることがあります。

注意

注意●変速ハンドルや変速レバー、モータの引き出し線を持って運搬しないでください。

モータ軸が変形したり、ベアリングが損傷することがあります。また、製品の落下により足などをけがすることもありますので、絶対におやめください。
運搬時には、本体上部のアイボルトをご使用ください。

注意

注意●ゼロマックスの入・出力軸を逆に取り付けて運転しないでください。

誤って運転しますと製品故障の原因となりますので、絶対に避けてください。

注意

注意●ゼロマックスの入・出力軸のキー溝部で手を切らないようにご注意ください。

入・出力軸のキー溝部はかどがとがっていますので、この部分をつかんで運搬するとけがをする恐れがあります。

注意

注意●取り付けは十分強度のあるボルトで確実に取り付けてください。

取り付けボルトの強度が不足していたり、締め付けトルクが弱いと、不意に製品がずれたり外れたりして大変危険です。

注意

注意●取り付けは剛性の高い強固な床面又は取り付け台に取り付けてください。

取り付け台の強度が不足していると、使用中に振動を起こしたり、騒音を発生させる場合があります。

注意

注意●床面に取り付けるときは、基礎面を床面より幾分高くしてください。

基礎面が床面と同一ですと、ほこりや湿度により電動機の絶縁が劣化する可能性があります。

注意

注意●出力軸にスプロケット、ギヤを取り付ける場合、オーバーハングロードに十分注意してください。

許容オーバーハングロードを超えてご使用になりますと、出力軸折れや軸受損傷などの事故につながります。

注意

注意●取り付け後、ウォーム減速機のエア抜き栓を抜いてください。

エア抜き栓をつけたまま運転をしますと、減速機の内圧が上昇し、オイル漏れの可能性があります。(モータ付きゼロマックスは、給油栓を付属の通気栓に交換してください。)

注意

注意●モータの配線は正しく確実に行ってください。

配線に不備があると感電・漏電・火災の原因になります。

4. 運転前の注意事項

危険

危険●引火・爆発の危険がある雰囲気中では、使用しないでください。

起動・制動時のスリップで火花が発生することがあります。引火・爆発の危険がある油脂・可燃性ガス雰囲気などでは、絶対に使用しないでください。

危険

危険●燃えやすい所では製品本体を密閉するようにしてください。

起動・制動時のスリップで火花が発生することがあります。燃えやすい布などが近くにある所では、製品本体を密閉するようにしてください。
なお密閉すると許容仕事量が低下しますので、設計上ご注意ください。

5. 運転中の注意事項

危険

危険●運転中には製品に手を触れないでください。

回転している製品や周囲の回転部に手を触れると手や指が巻き込まれます。
運転中には絶対に製品や回転部には手を触れないでください。また手以外にも衣服などが巻き込まれないようにしてください。

危険

危険●通電中の端子台やリード線には、絶対に手を触れないでください。

通電中の端子台やリード線に触れると感電の恐れがありますので、注意してください。

危険

危険●最高回転速度以上に回転をあげないでください。

最高回転速度以上で使用すると振動が大きくなり、場合によっては破損したり飛散したり非常に危険な状態となります。必ず最高回転速度以下でご使用ください。なお最高回転速度以下で使用しても「取り付け誤差」によっては振動が大きくなる場合があります。

危険

危険●ゼロマックスは機械側から逆負荷(出力軸を回そうとする力)を受ける場合は、使用しないでください。

内部に一方向クラッチを使用しているため、機械側から逆負荷を受けると一方向クラッチが滑ってオーバーランする恐れがあり危険です。

危険

危険●弊社指定の「許容誤差」以内で取り付け、運転してください。

弊社指定の「許容誤差」を超えた状態で使用すると、製品自体が破損したり、装置に悪影響をおよぼす恐れがあります。
必ず弊社指定の「許容誤差」以内で運転してください。

注意

注意●規定伝達トルク以上で使用しないでください。

製品の規定伝達トルク(製品によって許容トルク、もしくは最大トルク・常用トルクと表示)以上で使用しますと製品自体が破損したり、装置に悪影響をおよぼす恐れがあります。絶対に製品の規定伝達トルク以上では使用しないでください。

注意

注意●変速プーリが停止中は、変速操作は行わないでください。

変速プーリが停止中に変速操作を行うと、製品のベルト、プーリ、ベアリングなどに無理な荷重が掛かり、装置全体の故障の原因になります。

注意

注意●運転中の製品に手を触れると、やけどの恐れがあります。

製品の表面温度は、スリップ熱・内蔵コイルの発熱により、約90℃~100℃前後に上昇することがあります。手を触れるとやけどをするので、運転中の製品には決して手や指などを触れないでください。
また運転停止後も、すぐには温度は下がりません。分解・点検などで製品を触るときには、温度が下がったことを確認の上実施してください。

注意

注意●通電だけでも製品に手を触れると、やけどの恐れがあります。

通電だけでもコイルの発熱によって、本体の表面温度は高くなります。
触るとやけどをする恐れがありますのでご注意ください。

注意

注意●運転中の製品に手を触れると、やけどの恐れがあります。

モータおよび減速機、ゼロマックスなどの表面は、連続運転で高温になる場合があります。運転中あるいは、運転直後に触れる場合は、注意してください。

注意

注意●異音や振動が発生した場合は、ただちに運転を停止してください。

運転中に異音や振動が発生した場合は、製品の取り付け不良などの可能性があり、放置しておくと製品だけでなく、装置自体が破損する恐れがあります。また、製品の取り付け不良に起因しない場合でも、ボルト類のゆるみなどが発生する恐れがあります。ただちに運転を停止して点検を行ってください。

注意

注意●締結部がスリップした状態では絶対に使用しないでください。

締結部がスリップした状態で使用しますと、製品自体が発熱や破損をし、装置に悪影響をおよぼす恐れがあります。
締結部がスリップした状態では絶対に使用しないでください。

注意

注意●電圧の変動は、±10%以内に抑えてください。モデル546(ツースクラッチ)の電圧の変動は、- 10%~+ 5%以内に抑えてください。

異なる電圧を印加すると、性能低下や焼損などのトラブルを起こすことがあります。

6. 保守・点検時の注意事項

危険

危険●水、油脂類は塗布(付着)しないでください。

摩擦面はもちろん本体に水や油脂類を使用すると、摩擦面に付着しトルクが著しく低下します。
そのため機械が惰走したり暴走したりしてけがの原因になります。

危険

危険●装置の電源は絶対に入れないでください。

保守点検する際、誤って駆動部が作動すると装置に巻き込まれるなど非常に危険な状態となります。必ず、装置の主電源が切れていることを確認してから行ってください。

注意

注意●製品分解は絶対に行わないでください。

弊社および弊社指定以外の第三者によって修理・分解・改造されたことなどに起因して生じた損害などにつきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。
したがって取扱説明書に分解・組み立て要領を記載している製品でも、修理・分解につきましては弊社指定のサービスネットワークにて行っていただきますようにお願いいたします。

注意

注意●運転直後の製品に手を触れないでください。

運転直後のゼロマックスの表面は、高温になっている恐れがあります。やけどなどの原因となりますので、運転直後のゼロマックスには触れないでください。

7. 廃棄時の注意事項

 
危険

危険●幼児が遊ぶ可能性のある場所にみだりに放置しないでください。

そのまま放置されると、思わぬけがや事故を起こす恐れがあります。また廃棄するために分解された部品でも、同じようにけがや事故の原因となりますので、すみやかに廃棄処分をしてください。

注意

注意●環境に悪影響をおよぼさないために、専門業者に廃棄を依頼してください。

廃棄される場合は専門業者に廃棄を依頼してください。また専門業者に廃棄を依頼する前に、分解された部品や付属品、もしくは油などの処理を事前に行う場合には、法律や地域の条例などに従い廃棄してください。

この安全上のご注意および取扱説明書に記載されている仕様をお断りなしに変更することがありますのでご了承ください。
また、これらの注意事項について問題点、疑問点がございましたら、「お問い合わせフォーム」からご相談ください。

PAGE TOP安全上のご注意 TOP