三木パワーコントロール株式会社

大切にしていること

ものづくりは人づくり

確かで効率よいものづくりを支えるのは、人です。
だから、生産に従事する人材の育成は欠かせません。
その一環として、年間を通してさまざまなカリキュラムを用意し実施して、積極的な知識・技能・技術の習得と継承に取り組でいます。

また現在、技能有資格者は生産従事社員の約60%に及んでいますが、全生産従事者が「気を入れ心を込めた」ものづくりに一段と磨きをかけることに意を注いでいます。

技能検定取得項目

技能検定社員保有数

年間プログラムの一例

最新設備とシステム

最新の設備と合理的な生産システムによって、効率的な生産体制を確立しています。
一方、常にハイレベルで安定した品質を保持するために、ものづくりの細部にこだわり、重要作業については社内作業認定制度を設けるともに、きびしい品質管理システムを導入して、ユーザーに満足いただける製品を提供しています。

三木プーリグループの基本は、MIPS活動から

MIPS活動とは、MIKI Improving Performance for Successを実現する活動です。
その主要な活動として、
①新しい価値、よりよい仕組みを生み出す活動
②自律的なカイゼン活動
③チームワークで組織知を創造する活動
を掲げています。

MIPS活動のコンセプト

仕事は、常にその精度を高めなければなりません。
そのため、ムダの廃除をカイゼン活動の中心に据え、現状把握・改善・標準化のサイクルの中で、社員1人ひとりの自律した意識の向上と組織のつながりを永続的に創りあげていきます。

グループの主力工場です

徹底したムダの廃除と生産技術による改善で、働く環境と生産性の向上を推進しています。

また、同時に社員1人ひとりは技術・技能の向上に努め、国内外のグループ生産拠点のなかで、主力工場として主導的な役割を果たしています。

ものづくりのための社内認定制度

社内作業認定制度
重要技能として7つの作業を特定し、それぞれ実技試験・筆記試験を行い基準を満たした作業者を認定します。
認定後は年1回の維持試験を実施、認定者は初級・中級・上級の資格級で分けられ、その階級による奨励金制度が制定されています。