製品情報

SHM-16+SHD2-06のオプション

モータケーブル

ドライバと可動部モータを接続するためのケーブルです。

【寸法】

型式 ケーブル長さ
SHM-MC050 500mm
SHM-MC100 1000mm
SHM-MC200 2000mm
SHM-MC300 3000mm

エンコーダケーブル

ドライバと可動部エンコーダを接続するためのケーブルです。

【寸法】

型式 ケーブル長さ
SHM-EC050 500mm
SHM-EC100 1000mm
SHM-EC200 2000mm
SHM-EC300 3000mm

支援ソフト

ドライバの設定・変更をパソコン上で行うためのソフトウエアです。ドライバによって、支援ソフトが異なります。

型式 ケーブル長さ
SHD2-06 SHD2-08 SHD-16
SHD2-UTL  
SHD-UTL    

パソコン接続ケーブル

ドライバとDOS/V パソコンを接続するためのケーブルです。
ケーブル長さ2000mm
型式:SHD-PC

I/Oコネクタセット

指令信号をI/Oコネクタに入・出力するためのコネクタです。ドライバによって、コネクタが異なります。

型式 対象ドライバ
SHD2-06 SHD2-08 SHD-16
SHD2-CN3  
SHD-CN3    

各種コネクタ

各種ケーブル類をお客様にて製作いただく場合、各コネクタ類は下表のものが適合します。

電源入力端子(TB1N)用 FRONT MSTB 2,5/9-ST フエニックス コンタクト製
可動部出力端子(TB2N)用 FRONT MSTB 2,5/3-ST フエニックスコンタクト製
ドライバ通信コネクタ(CN1)用 E6-200J-100 中央無線製
I/0コネクタ(CN3)用(SHD2) 10150-3000PE / 10350-52A0-008 住友3M 製
I/0コネクタ(CN3)用(SHD) 10136-3000PE / 10336-52A0-008 住友3M 製
センサコネクタ(CN4)用 10114-3000PE / 10314-52A0-008 住友3M 製

プロトコルコンバータ

PLC(シーケンサ)からリニアシャフトドライブドライバのパラメータ、位置データ、速度データを書き換えるためのプロトコルコンバータです。
通信プロトコルは、三菱PLC(形式4)、オムロンPLC(上位リンクモード)を標準サポートしています。(その他のメーカにも対応可能)

【寸法図】

D90 実行フラグ D91 ~ D95 を設定後、『1』を設定すると送受信を開始します。(最大14 データ連続送信/受信)
D91コマンド 実施したいコマンド番号を設定します。
0 : 読み出し 1 : 書き込み 2 : FLASH 保存
D92 SHD局番 通信するリニアシャフトドライブの局番を設定します。
D93 PLCアドレス 読み出し/書き込みするPLC 側のメモリ領域アドレス番号を設定します。
D94 SHDアドレス SHD 側のメモリ領域アドレス番号を設定します。
D95 個数 D93、D94 で設定したアドレスを先頭に転送するデータ数を設定します。

関連製品

PAGE TOPSHM-16+SHD2-06 TOP

三木プーリのリニアシャフトドライブ SHM-16+SHD2-06の製品詳細ページです。
SHM-16+SHD2-06の型式ごとの詳細な仕様、寸法がご覧頂けます他、
各種オプション情報をご覧頂けます。また、カタログ・2DCAD・取扱説明書などのダウンロードが可能です。