サービス

普通公差(JIS B 0405-1991/JIS B 0419-1991 抜粋)

技術資料をPDFでダウンロード

面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差 単位[mm]

公差等級 基準寸法の区分
記号 説明 0.5以上
3以下
3を超え
6以下
6を超え
30以下
30を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超え
1000以下
1000を超え
2000 以下
2000を超え
4000 以下
許容差
f 精級 ±0.05 ±0.05 ±0.1 ±0.15 ±0.2 ±0.3 ±0.5 -
m 中級 ±0.1 ±0.1 ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8 ±1.2 ±2
c 粗級 ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8 ±1.2 ±2 ±3 ±4
v 極粗級 - ±0.5 ±1 ±1.5 ±2.5 ±4 ±6 ±8
 ※0.5mm未満の基準寸法に対しては、その基準寸法に続けて許容差を個々に指示する。

面取り部分の長さ寸法(かどの丸み及びかどの面取り寸法)に対する許容差 単位[mm]

公差等級 基準寸法の区分
記号 説明 0.5以上
3以下
3を超え
6以下
6を超える
もの
許容差
f 精級 ±0.2 ±0.5 ±1
m 中級
c 粗級 ±0.4 ±1 ±2
v 極粗級
※0.5mm未満の基準寸法に対しては、その基準寸法に続けて許容差を個々に指示する。

角度寸法の許容差

公差等級 対象とする角度の短い方の辺の長さ(単位 mm)の区分
記号 説明 10以下 10を超え
50以下
50を超え
120以下
120を超え
400以下
400を超る
もの
許容差
f 精級 ±1° ±30′ ±20′ ±10′ ±5′
m 中級
c 粗級 ±1°30′ ±1° ±30′ ±15′ ±10′
v 極粗級 ±3° ±2° ±1° ±30′ ±20′

真直度及び平面度の普通公差 単位[mm]

公差等級 呼び長さの区分
10以下 10を超え
30以下
30を超え
100以下
100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
真直度公差及び平面度公差
H 0.02 0.05 0.1 0.2 0.3 0.4
K 0.05 0.1 0.2 0.4 0.6 0.8
L 0.1 0.2 0.4 0.8 1.2 1.6

真直度及び平面度の普通公差 単位[mm]

公差等級 短い方の辺の呼び長さの区分
100以下 100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
直角度公差
H 0.2 0.3 0.4 0.5
K 0.4 0.6 0.8 1
L 0.6 1 1.5 2

対称度の普通公差 単位[mm]

公差等級 呼び長さの区分
100以下 100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
対称度公差
H 0.5
K 0.5 0.8 1
L 0.6 1 1.5 2

円周振れの普通公差 単位[mm]

公差等級 円周振れ公差
H 0.1
K 0.2
L 0.5

その他の技術資料

PAGE TOP普通公差(JIS B 0405-1991/JIS B 0419-1991 抜粋) TOP